HN「たけ」の由来


1992年、私は東京・荒川区のショップ「スポルトピーノ」を訪ねました。
第1回ツールド北海道の優勝者でロス五輪ロード代表だった 高橋松吉氏 のショップが近所にあるとサイスポで見たからです。

店の中にはオッサンが一人。「あの〜高橋松吉さんいますか?」と聞くと「私ですが…」とそのオッサンは言いました。よく見ると人懐こそうな顔してます。これがあの「高橋松吉」か。
なんとなくコワイ人を想像していた私は安心(?)して話を始めましたが、私が大学時代自転車部でツーリングをしていたと聞くと松吉さんに是非チームに加わって欲しいと頼まれました。自分は勝つための自転車しか知らないので楽しい自転車を教えてくれ、と。
こんなスゴイ人に頼まれたら後には引けません! その時から高橋松吉のチーム「スポルトピーノ」での私の活動が始まりました。

チームはロードとトライアスロンの2本立てで、一応キャリアだけはある私がロードのチームのリーダーになりましたが、実は私も「高橋」で紛らわしい事この上なし。
当時私は松吉さんの実績と人柄に惚れ込んでましたので何かというと「松吉さんが」「松吉さんが」を連発していたので、チームの仲間から「松の下なのでお前は竹だ」(当時は梅もいました)と言われたのがHN「たけ」の始まりです

 
第一期のスポルトピーノロードチームは2002年にその活動を休止しましたが、松吉さんが日本のナショナルコーチとして活躍し、私が他のチームに移りただのレース好きオヤジになっても、未だ「たけ」のHNは私の物です(松吉さんも了承済です)

このHNには私の30歳以降の自転車生活が全て詰まっています。
 

inserted by FC2 system